ニュース
» 2014年11月12日 12時44分 UPDATE

ピエール瀧主演のドラマをNHKが制作 キャスティングのこだわりは「昭和の顔」

ピエール瀧さんのNHKドラマ主演は初。「大きなモノに翻弄される三上&ピエール瀧を楽しんでいただけたら幸いです」

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 NHKが新たに制作する土曜ドラマ「64」で、主役にピエール瀧さんを起用したことを発表した。ピエール瀧さんのNHKドラマ主演は初めて。地方県警を舞台に、昭和64年(1989年)と平成14年(2002年)の2つの誘拐事件を追う広報官役を演じる。

画像

 「64」は横山秀夫さんの同名の小説が原作。昭和64年というたった7日間に起こったD県警史上最悪の未解決事件「翔子ちゃん誘拐殺人事件」、通称「64(ロクヨン)」。時効が迫り、加害者の匿名問題でD県警の広報室と記者クラブが対立する中、被害者遺族宅への警察庁長官視察が1週間後に決定する。長官慰問を拒む遺族、当時の64関係者に敷かれたかん口令、刑事部と警務部の鉄のカーテン、謎のメモ――その状況下、視察直前に発生した新たな誘拐事件は、64をそっくり模倣したものだった、というストーリー。

 ピエール瀧さんは出演について次のようにコメントしている。「原作を読んで、その緻密な設定と展開に驚かされました。素晴らしいキャストの皆さんとこの題材を具現化していく事は、非常に楽しみであると同時に、大仕事である事も実感しています。この状態は主人公の三上の状況ととてもリンクすると僕は感じています。大きなモノに翻弄される三上&ピエール瀧を楽しんでいただけたら幸いです」

 チーフ・プロデューサーの屋敷陽太郎さんによると、主人公のキャスティングでは「昭和な顔」にこだわろうとスタッフで考えたところ、一番に思い浮かんだのがピエール瀧さんだったとのこと。音楽は、ピエール瀧さんも出演したNHK連続テレビ小説「あまちゃん」とおなじく大友良英さんが担当する。

 放送は2015年4月から、NHK総合で毎週土曜日に全5回放送する。


黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう