新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年11月12日 18時33分 UPDATE

大学生協がポッキーを予想の10倍も誤発注→学生がすべて買い切るドラマが生まれる

北九州市立大学で生協と学生による新手のポッキーゲームが展開されました。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 今年もポッキーとプリッツが各所を賑わせた11月11日「ポッキー&プリッツの日」。北九州市立大学では生協協同組合がポッキーを大量に誤発注してしまうトラブルと、それらすべてを学生たちが買い上げるドラマが巻き起こりました。

 予想より10倍のポッキーが届いて担当者たちが頭を抱えたのは10月末。11月11日に合わせて320箱のポッキーを同生協は発注したつもりでしたが、単位が「1」につき10箱だったのを見落としていたため、3200箱が店舗に配達されてしまいます。返品やほか店舗への振り分けも考えましたが、できる限り同大で販売してみることに。

 店舗には11月1日からポッキー売り場を設け、「HELP」の文字を掲げながらポップで誤発注の経緯を説明。ウソじゃないと証明するために発注書まで貼り出したそうです……担当さん必死すぎる。学生もおもしろがったり同情したりで、売り場を撮影してTwitterやLINEに投稿。注目を浴びるにつれ購入者が増えていきます。

 それでも11月10日までの累計売上は1700箱強。いよいよ迎えたポッキーの日には、170円相当の商品も含め1箱111円で販売します。学生の協力のおかげで1日で1448個を売上げ、12日でとうとう発注した3200箱すべてを完売しました。や、やりおったー! っていうか学生さん優しい……!

 生協は本日、ポップで完売の感謝の気持ちを学生へ伝えています。この件の感謝セールを来月あたりに開催するか検討しているそうです。

画像


黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事