ニュース
» 2014年11月14日 15時03分 UPDATE

将棋電王戦出場のやねうら王 プロ棋士の研究を無駄にしない「やねうらおもてなし定跡」を搭載

「公式戦において最後に負けたコンピューター将棋」になるかもとのこと。

[たろちん,ねとらぼ]

 来年3月から開催されるプロ棋士と将棋ソフトの団体戦「将棋電王戦FINAL」に出場する「やねうら王」が、プロ棋士の研究を無駄にしないシステム「やねうらおもてなし定跡」を搭載する予定だと自身のブログで発表しました。

画像 ブログ「やねうらお−ノーゲーム・ノーライフ」

 これまで人間側の負け越しが続いている将棋電王戦。高い計算能力を持つコンピュータソフトには真正面からぶつかるのではなく、ソフトの穴を見抜いてその力を発揮させない展開に誘導する作戦が有力だという見方が強まっています。実際これまでの数少ない勝利者である阿部光瑠五段や豊島将之七段(関連記事)は、膨大な練習を重ねることでその作戦を実現させていました。

 しかし、この「コンピュータ対策」は人間相手の将棋の研究法とはまったく異なるもの。やねうら王開発者の「やねうらお」こと磯崎元洋さんは「このようなプロ棋士側の非生産的な行為をなんとか生産的な行為に変換できないものか」と考えたそう。そこで、ソフトにプロの実戦に出てくる形を多く採用させ、事前研究のときに将棋を楽しんでもらえる「やねうらおもてなし定跡」を考案したとしています。

画像 やねうら王開発者磯崎さん。ユニークなキャラクターでニコニコ生放送などでも人気開発者の1人

 ただし、多くの定跡をランダムに採用しながら強さを維持するのは極めて難しいとのこと。現状では既にプロの間で悪手だと結論が出ている手を開始早々選んでしまう可能性も高いそうで、「公式戦において最後に負けたコンピューター将棋として将棋界の歴史に名を残してもらうことにしましょう……」と弱気な発言もしています。

 やねうら王はこれまでも「やね裏定跡」や「やねうら未来定跡」など従来の将棋ソフトにはない独自のシステムを次々に搭載して話題になっていた、将棋ソフト界の「異端児」。強豪ソフトに「おもてなし」の心が宿ったとき、人間とどんな戦いを繰り広げるのかに注目です。

たろちん

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう