新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年11月19日 11時43分 UPDATE

クリエーター減税、実現するか──超党派による「MANGA議連」設立

作品の収集・保存の政策や、税制優遇措置などについて話し合う「マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟(MANGA議連)」が始動しました。

[ねとらぼ]

 日本のマンガ・アニメ・ゲームの振興などを目的に結成された「マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟(MANGA議連)」の設立総会が11月18日に行われました。ネットでは、漫画家の赤松健氏をはじめとする関係者が連盟の活動について説明しています。

photo 表現規制反対派の山田太郎氏も役員として連盟に参加。公式Webサイトで取り組みを説明しています

 MANGA議連で事務局長代行を務めるみんなの党・山田太郎氏によると、連盟の活動の1つは、日本のマンガ・アニメ・ゲーム作品をアーカイブし、後世に残すための政策検討です。連盟の会長には、民主党政権時の事業仕分けでお蔵入りになった「アニメの殿堂」こと「国立メディア芸術総合センター」の政策に取り組んだ、自民党・古屋圭司氏が就任しています。

photo 会長を務める古屋圭司氏も公式Webサイトで報告

 また、業界向けの税制優遇措置についても話し合われます。赤松氏は「クリエーター減税」の実現に期待を示し、「できればこの対象に、困窮する漫画家も加えたい」とTwitterで語っています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事