ニュース
» 2014年11月21日 11時41分 UPDATE

GoogleがWebサイトの広告を消す“投げ銭”システム「Contributor」発表

第1弾として「Mashable」など米メディアが対応を始めました。

[ねとらぼ]

 Webメディアはお金を稼ぐために広告を表示しますが、余計な広告を見たくない読者もいる──そんな問題を解決する1案として、Googleが広告非表示サービス「Contributor by Google」を立ち上げました。実験的なサービスで、招待制となっています。

photo 新サービスのWebサイト

 同サービスは、毎月1〜3ドルのお金を払うことで、提携サイトの広告枠にシンプルな感謝のメッセージが表示されるようになり、広告を見なくてすむというもの。一方で提携サイト側には、広告料の代わりに読者から集まったお金が分配されます。読者が支援したいメディアをたくさん訪問すれば、そのメディアへの分配も多くなる仕組みのようです。いわば“投げ銭”システムですね。

photo 第1弾の提携媒体

 提携サイトはテックメディア「Mashable」や画像共有サイト「imgur」など6媒体からスタートしています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー