新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年11月21日 21時55分 UPDATE

児童ポルノをリツイートしたらアウト? 弁護士に直接聞いてみた

やっぱりアウトでした。

[ねとらぼ]

 Twitterに投稿された児童ポルノ画像をリツイート(RT)で拡散したとして、11月21日に複数の男性が全国で初めて検挙されました。“ワンクリック”の行為で立件されたとあってネットでは衝撃が広がっています。この件について、IT関連の法律問題に詳しい内田・鮫島法律事務所の伊藤雅浩弁護士に話を聞きました。

――児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)で書類送検されました。今後、起訴され刑罰がくだる可能性はありますか?

伊藤弁護士 事件の詳細は把握していませんが、一般論としては十分にあります(※公然陳列の罰則は、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、または併科)。

――RTしただけで処罰対象となるのは妥当ですか?

伊藤弁護士 児童ポルノではURLを紹介したら違反になるという判例(2012年7月)があります。それを考えると不思議ではありません。

――本人が意図せずRTした場合はどうなりますか。例えば認証した連携アプリが投稿してしまったなど

伊藤弁護士 そのケースでは罪に問われないと思われます。ただし、意図の有無を区別することは基本的に困難です。

――RTする際の注意事項をお願いします。

伊藤弁護士 児童ポルノの他にも、名誉毀損などで罪に問われる可能性があります。RTは「賛同を示さない」「批判的な意味合い」で行うこともあるでしょう。しかし、「拡散したこと」が問題視されるので、それらも控えた方が良いでしょう。


関連 「漫画家・赤松健さんの見解」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー