ニュース
» 2014年11月25日 10時17分 UPDATE

水曜にかけて広く傘の花 関東冷えびえ

太平洋側中心に雷雨や突風のおそれ。長野も土砂災害に注意。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 本州付近を低気圧や前線が通り、水曜にかけて雨の降る所が多い。太平洋側を中心に落雷や突風に注意。全国的に連休中ほどの暖かさはなく、特に関東は12月中旬並みと冷えびえ。

天気

太平洋側中心に雷雨や突風のおそれ 長野も土砂災害に注意

 未明に長崎県松浦市で1時間73ミリの滝のような雨が降るなど、今朝は九州から近畿で活発な雨雲がかかっています。このあと午後になると東海や北陸、関東でも雨脚が強まるでしょう。太平洋側を中心に突然の雷雨や突風に注意が必要です。あすにかけて九州から東北の広い範囲で雨が降ります。地震の影響が大きい長野県も断続的に雨が降り、大雨となるおそれがあります。土砂災害にご注意下さい。

天気 西日本の雨雲の様子

関東 冷たい北風ピュー 寒さ対策は万全に

 最高気温は10度を少し超える程度と12月中旬並み。気温は朝からほぼ横ばいです。北風が次第に強まり、風冷えとなります。体感的には日中のほうが寒いくらいです。厚手のコートはもちろん、手袋やマフラーも用意するなど、暖かくしてお過ごし下さい。日中の寒さは明日まで続きそうです。

天気

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー