ニュース
» 2014年11月25日 15時25分 UPDATE

岩手県にポータルが多数出現! 日本初の自治体公式IngressイベントにGoogleが神対応

岩手県庁Ingress活用研究会の第1弾イベントが大成功。

[ねとらぼ]

 Googleの位置情報ゲーム「Ingress」を活用した日本初の自治体公式イベント「ポータル探して盛岡街歩き」の成果が早くも上がっている。


画像 ポータル探して盛岡街歩き

 同イベントは、岩手県庁Ingress活用研究会が11月9日に開催。県内外から総勢50人が集まり、ゲームの要となる「ポータル」の申請が行われた。

 ポータルとは、3カ所繋げると陣地になる“仮想の拠点”で、各プレイヤーが申請し、Googleが認定する仕組み。何でもポータルになるわけではなく、歴史的な意味のある施設や、オブジェなど一定の「承認基準」がある。通常であれば、申請から反映までに数カ月〜半年以上かかることも珍しくないが、今回は自治体主体の初の試みとあって、Google(Niantic Labs)が優先処理を適用。その結果、イベントから2週間と経たず盛岡市に新規ポータルが生まれている。


画像 イベント前の岩手県庁周辺。10〜20個だった

画像 イベント後

 岩手県広聴広報課は11月22日に、Facebookで「毎日のようにどんどん増えてますよ♪ザクザクです」とコメント。参加者には思わぬボーナスステージとなったようだ。

 Ingressでは、ローソンが今月中旬に提携を発表し、国内の全店舗(1万780店)をポータル化するなど様々な動きを見せている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー