新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年11月26日 07時00分 UPDATE

「どうぶつしょうぎ」に続け 対戦型知育ゲーム「どうぶつサッカー」がおもしろそう

ルールは簡単。

[ねとらぼ]

 将棋普及のために女流棋士の北尾まどかさんが考案し、同じく女流棋士の藤田麻衣子さんがデザインした「どうぶつしょうぎ」にサッカー要素を合体させた「どうぶつサッカー」が発売される。

どうぶつサッカー どうぶつサッカー

 3×4の盤面でコマの動きを簡略化した「どうぶつしょうぎ」と同様に、ルールはとてもシンプル。交互に自分のチームの動物を1匹タテ・ヨコ・ナナメいずれかに動かし、ボールのあるマスでキックするか味方にパスをするだけ。先に相手のゴールい入れたら勝ちとなる。仲間をどこに動かせばパスがつながってシュートができるか、相手にシュートをされないためにはどう守るかなど、作戦を立てながら仲間と協力をしてゴールを狙う。

どうぶつサッカー

どうぶつサッカー 上から

 幻冬舎エデュケーションがエイベックス・スポーツのプロデュースのもと、しんどうこうすけさんが考案し、藤田麻衣子さんがイラストとデザインを手がけた。「どうぶつしょうぎ」のノウハウを生かし、サッカーに盤ゲームの要素を加えたことで、思考力・判断力・分析力が育てるという。11月28日に発売。価格は税込1500円。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事