新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年11月26日 14時39分 UPDATE

重松清のベストセラー小説「流星ワゴン」がTBS日曜劇場でドラマ化 親子役は西島秀俊&香川照之

絶望の淵にいた会社員の目の前に現れたのは、同じ年だったころの父親。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 直木賞作家・重松清さんのベストセラー小説「流星ワゴン」が、TBSの日曜劇場シリーズでドラマ化されることが決定した。2015年1月にスタートし、放送時間は日曜午後9時〜9時54分となる(初回は拡大版)。出演は西島秀俊さん、香川照之さん、井川遥さん、吉岡秀隆さん、倍賞美津子さんなど。

画像 左から出演者の井川遥さん、西島秀俊さん、香川照之さん、吉岡秀隆さん

 原作の「流星ワゴン」は、「ナイフ」で第14回坪田譲治文学賞(1999年)、「エイジ」で第12回山本周五郎賞(1999年)、「ビタミンF」で第124回直木賞(2001年)を受賞した重松さんによる、2002年に刊行された長編小説。同年の月刊誌「本の雑誌」年間ベスト10の第1位に選ばれた、累計発行部数も100万部を突破した人気小説だ。

 ストーリーは、絶望の淵に追い込まれていた主人公が、過去をめぐる旅で自分と同じ年だったころの父と出会い、あらゆることに気づいていく人生の再生と家族愛の物語。

 主人公・永田一雄(西島秀俊)は会社ではリストラにあい、妻の美代子(井川遥)からは離婚を切り出され、息子の家庭内暴力に悩むなど悲惨な状況にいた。そんなとき突如目の前に現れた奇妙なワゴンカー。乗り込んだ一雄は過去の大切な場所をめぐりながら、妻と息子とうまくいかなかったきっかけを知る。やがて、忌み嫌っていた父親・忠雄(香川照之)の同い歳だったころと遭遇。親子でも友人でもなく「朋輩」として父と行動をともにしていくうちに、気付かなかった多くのことが見え始め――。

 西島さんはドラマに対し、「常に高みを目指す最高のスタッフと、全身全霊を込めて撮影をしている毎日です。21世紀の日本が舞台の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』はどんな物語になるのか。来年1月の放送を、是非ご期待頂ければと思います」とコメントを寄せている。

 このほか出演者のコメントやキャスト・スタッフの詳細は公式サイトで公開中


黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事