新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年11月27日 10時50分 UPDATE

「和紙」がユネスコ無形文化遺産に 総理「心から嬉しく思います」

「和紙 日本の手漉(すき)和紙技術」がユネスコ無形文化遺産に登録された。

[ねとらぼ]

 国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)は「和紙 日本の手漉(すき)和紙技術」を無形文化遺産に登録した。

 安倍晋三総理は「心から嬉しく思います」とコメント。「正倉院には今も8世紀初頭の『和紙』が伝わります。匠たちが幾世代にもわたり受け継いできた『技』とともに、『和紙』の文化を後世へと大切に継承して行きたいと考えます」としている。

 2009年に島根県浜田市の「石州半紙」がユネスコ無形文化遺産に決定。政府はこれを拡張し、2013年に「和紙:日本の手漉和紙技術」としてユネスコに提案していた。提案には石州半紙に加えて、岐阜県美濃市の「本美濃紙」、埼玉県比企郡小川町の「細川紙」が含まれる。

 ほかにもブラジルの伝統芸能「カポエイラ」、韓国の民謡「アリラン」、ギリシャ・ヒオス島のコショウボク栽培などが無形文化遺産に登録された。

ah_une1.jpg ユネスコのサイトにある「和紙」のページ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事