新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年11月28日 15時23分 UPDATE

将棋の羽生名人と元チェス世界王者カスパロフがチェスで激突 ニコ生で99%の人が満足した熱戦の結果は?

天才と天才による神々の遊び。

[たろちん,ねとらぼ]

 将棋界のトップ棋士でありながら趣味のチェスでも日本ランキング1位の実力を持つ羽生善治名人と、かつて「人類代表」として最強のコンピュータと戦った元チェス世界チャンピオンガルリ・カスパロフさんが、ニコニコ生放送の将棋電王戦特別企画でチェス対決を行いました。

画像 世紀の対局に多くのファンが注目

画像 握手で対局開始

 対局は白(先手)と黒(後手)を入れ替えての計2局が行われ、第1局はカスパロフさんが白を持つことに。最新のチェス戦術に詳しい羽生名人の対局を事前にチェックしてきたというカスパロフさんは、相手の罠にはまりにくく純粋な力比べになりやすい「力戦型」に誘導する作戦を選択。既に現役を引退しており、本格的な試合形式でチェスを指すのは5年ぶりだというカスパロフさんでしたが、羽生名人も「この形で来るとは夢にも思わなかった」と語った意表の作戦で往年の力を発揮し、見事に第1局を勝利します。

画像 肘をついて悩む羽生名人

 続く第2局では羽生名人が白の先手番に。チェスでは極めて有利とされる先手を持った羽生名人が序盤をしっかりとリードした状態で進めましたが、途中でカスパロフさんに引き分けに持ち込むチャンスが訪れます。これは同じ局面が3回連続して現われる「スリーフォールド・レピティション(将棋の千日手)」というもの。チェスでは不利な後手番で引き分けに持ち込むのは勝ちに等しい結果と言われていますが、後手のカスパロフさんはあえて引き分けを回避して勝ちを目指す力強い手を選択。これを見たニコニコ生放送の視聴者からは「かっけええ」「漢カスパロフ」といった賞賛のコメントが多数書き込まれました。

画像 引き分けのチャンスを自分から捨てる「信じられない手」に全員が驚がく

画像 解説は日本チャンピオンの経験もあるチェスプレイヤー小島慎也さんと塩見亮さんが担当。将棋用語を交えながらの将棋ファンにも分かりやすい解説が好評でした

 その後も一進一退の攻防が続きましたが、盤上から互いの駒が少なくなってくるにつれて形勢ははっきりカスパロフさん有利に。最後はカスパロフさんの「キング」が自ら進軍するチェスらしい展開となり、羽生名人がリザイン(投了)を宣言。かつて「史上最強のチェスプレイヤー」とも称された元世界チャンピオンとしての貫禄を見せつけました。

画像 対局後の感想戦ではあの羽生名人が指導されるという珍しい姿も

画像 「将棋では玉の強さが変わることはないが、チェスでは展開によってキングが強力な攻め駒になる。最後はその感覚の違いが出たかも」と言われてニッコリする羽生さん。すごく楽しそうにカスパロフさんの話を聞いている姿が印象的でした

 対局後の感想戦ではカスパロフさんが羽生名人に丁寧な指し手の解説をするシーンも。普段将棋では圧倒的な実力を持つ羽生名人が誰かに教えを受けるという珍しい姿に、コメントも「天才が天才に指導してる」「また羽生さんが進化してしまうw」などと盛り上がりました。貴重なマッチメイクと充実の対局内容に、放送後のアンケートでも99%が「よかった」と答えるなど、多くの人が満足したようです。

画像 99%の人が満足。対局後の知性溢れる対談も大好評でした

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー