ニュース
» 2014年11月28日 15時52分 UPDATE

「虎ノ門ヒルズ」の新たなシンボルとして大型彫刻「ルーツ」登場

10メートル級巨大彫刻はジャウメ・プレンサ氏作。待ち合わせスポットになりそう。

[ねとらぼ]

 森ビルは11月28日、開業から間もなく半年を迎える「虎ノ門ヒルズ」のオーバル広場に、スペインを代表する世界的アーティスト、ジャウメ・プレンサ氏による高さ約10メートルの大型彫刻「ルーツ」を設置した。

ルーツ ジャウメ・プレンサ作「ルーツ」

 「ルーツ」は8つの言語の文字を使い、膝をかかえて座る人間をかたどった巨大なパブリックアート。それぞれの文化を映し出す文字を通じて「世界の多様性」を表現し、「多様な文化の違いを越えて、人々が平和的に共存すること」を象徴する作品だ。「虎ノ門ヒルズをルーツ(起点)に、世界の人々が共存する国際的な街づくりを進め、東京を世界一の都市にしたいという願いを込めました」と森ビルはコメントしている。

ルーツ 虎ノ門ヒルズ公式サイト

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「目黒寄生虫館」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!