ニュース
» 2014年11月28日 17時14分 UPDATE

横浜市が配布中のおしゃれフォント「ヨコハマフォント」 横浜市内18区の漢字しか使えない徹底ぶりが話題に

だってヨコハマフォントだからね!

[たろちん,ねとらぼ]

 横浜市が配布しているオリジナルフォント「イマジン・ヨコハマフォント」。横浜のイメージをフォント化したおしゃれなものですが、このフォントで使える漢字が少なすぎると話題になっています。

 「イマジン・ヨコハマフォント」は横浜市が市のイメージを伝えるプロジェクト「イマジン・ヨコハマ」の活動の中から生まれたもの。市民の思う横浜のイメージ「上品、スマート、おしゃれ」「古さと新しさの共存」「自己主張がある」などをキーワードに作られたもので、無料で配布されています。スマートなアルファベットや「ゑ」などの旧字体も含まれた古風なひらがな・カタカナなどフォント自体は個性的でクオリティが高いのですが、使える漢字は「横浜市」と市内18区の漢字のみという圧倒的少なさ。「ヨコハマフォント」なんだからこれでいいと言えばいいのですが……「自己主張がある」ってここかよ!

画像 アルファベットは横浜のおしゃれさを表現

画像 かな文字は横浜の古風な部分を表現

画像 漢字を横浜関連のものに厳選することで市内のファミリー感を表現(?)

 フォントは昨年から配布されているものですが、その徹底した漢字の少なさがネット上で話題に。おしゃれなフォントなのでぜひ使いたいという人も多いのですが、町名などの漢字もないため横浜市内の住所を書くのもなかなか難しい様子。無理に使おうとするとどうしても「見て、神の横に青い中西さんがいる」など強引な作文になってしまうケースが多いようで、日本語の文章を作成する場合は他のフォントと組み合わせて使うことが推奨されています。

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー