ニュース
» 2014年11月30日 11時00分 UPDATE

まるでホグワーツ魔法学校の図書館! ブラジルの「幻想図書館」のビジュアルがすごい

ファンタジーの世界に迷い込んだ気分になれそう。

[ねとらぼ]

 まだあまりガイドブックに載っていないようですが、世界中の旅行者が「ブラジルへ訪れた際には、ぜひ寄るといい」と勧めている隠れた観光スポットがあります。それが、リオデジャネイロにある王立ポルトガル図書館、通称「幻想図書館」です。

ah_tosho1.JPG 華麗なる「幻想図書館」。まるでハリポタに出てくる図書館みたい。バーチャルツアーで中の様子を見られます
ah_tosho2.JPG 天井まで蔵書がぎっしり

 この図書館は1837年にポルトガル人によって設立されました。1808年のナポレオン軍のポルトガル侵攻で、ポルトガル王室がリオに逃れ、そこに政府を置いて急速な近代化を進めたのです。その一環として、王立ポルトガル図書館ができました。

ah_tosho3.JPG 今では誰でも中に入れる

 その後、1900年には公立図書館となり、誰でも中に入れるようになりました。現在、ポルトガル以外の国で、ポルトガル語による蔵書がまとめられた最大の図書館となっています。とはいえ、35万冊にのぼる蔵書は、特別な許可を受けた専門家しか手に触れることはできません。

ah_tosho4.JPG 古そうな本がぎっしり。誰でも図書館には入れるが、本に手を触れることはできない

 これぐらいの規模と美しさを誇る図書館は、世界でもなかなか例を見ないと思われます。リオへ行ったら、ぜひご覧になってくださいね。無料ですし(2014年秋現在)。

ah_tosho5.JPG 行ってみたいですね

海原ゆりえ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー