新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年12月05日 12時52分 UPDATE

関係者ー、もっとガンガン攻めていこうぜー:艦これ提督に捧げたい「ゲームマーケット2014秋」索敵報告 (1/3)

海軍逸話に興味ある提督ならきっとできるぞー。海軍逸話に興味ある提督さんになら、たぶん買ってもらえるぞー。

[長浜和也,ねとらぼ]

古参兵が思っている以上に盛り上がっているイマドキウォーゲーム事情

 11月16日に東京ビッグサイトの西4ホールで行われた「ゲームマーケット2014秋」は、アナログゲームを楽しむ多くの同好の士によって盛り上がった。来場者数が事務局発表で7200人と前回の6500人からさらに増え、古くから参加している出展者の多くが「上野の産業貿易センターでやっていたころと比べると(雰囲気が)かなり変わった」と驚く。

 そんな、大きな転換点にあるかもしれないアナログゲームの新作や名作がプロもアマチュアも関係なく一堂に集まるこのイベントにやってきた“ねとらぼ取材班”は、「このブースを取材している場合ですか」とゲームマーケット2013秋と同じブースで同じ人に同じセリフで心配されながらも、ウォーゲームを扱っている企業や同人さんのブースという、ものすごくニッチな針路で索敵を行うのであった。

kn_gm14f_11.jpg ゲームマーケット2014秋の来場者は7200人に達し、またしても前回の数を大幅に上回った。次回はゲームマーケット大阪で3月1日にハナミズキホールで、ゲームマーケット2015春が5月5日に東京ビッグサイト西2ホールでそれぞれ開催する

太平洋戦域も欧州戦線も海陸空で絶好調というa-game

 ウォーゲーム専門誌「コマンドマガジン日本版」「ウォーゲーム日本史」を発刊している国際通信社のオンラインショップ「a-game」のブースでは、太平洋戦争を扱った「太平洋戦史 デラックス版」「激突南太平洋」「決戦連合艦隊」、そして、新作の先行販売となった「零戦:海軍航空隊の戦い」などなど、艦これ提督的にも気になる太平洋戦争を扱ったウォーゲームを幅広く販売していた。

kn_gm14f_01.jpg 新作の空戦ウォーゲーム「零戦:海軍航空隊の戦い」をはじめとする太平洋戦争モノ以外にも、戦車道の「ぱんつぁー・ふぉー」や、第1次出荷分が即完売となった人気の名作リメイク版「バルジ大作戦」など、注目のウォーゲームで好調のa-gameブース

kn_gm14f_08.jpg ゲームマーケット2014秋で先行販売となった「零戦:海軍航空隊の戦い」は、11月27日から一般販売も開始した。空戦ウォーゲームというと「難しい」というイメージがあるが、太平洋戦争初期の横機動を前提とすることで、“操作”が簡単なゲームシステムとなっている。1人の士官として編隊を率いて成長していくキャンペーンシナリオも人気が高い

 太平洋戦史デラックス版は、空母、戦艦、重巡洋艦が1隻単位で登場する太平洋戦争の戦略級ウォーゲームだ。“艦これ”でも体験する「限りがある資源をやりくりしながら艦隊を出撃させる」という太平洋戦争における海軍作戦の仕組みや、“慢心、ダメ、絶対”“レイテ海戦における謎の反転”的な有名な逸話をシンプルなルール構成で再現している。

 そのおかげで、ボードウォーゲームの経験がない艦これ提督でも理解しやすく、それでいて、簡単なウォーゲームにありがちな「ゲームとして単純でワンパターンな流れ」となることもなく、お互いに多彩な戦略を競い合うことができるゲームとしての面白さも兼ね備えている。

 久々の太平洋戦争戦略級ウォーゲームの新作ということもあって、デラックス版の前身となる“通常版”は、事前予約分だけで完売し、その後2回にわたって登場した重版分も短期間で完売となり、その後、マップやユニットをグレードアップしてルールに改良を加えたデラックス版となって再登場した。

 デラックス版の改定ルールでは、通常版にはなかった選択ルールを追加して、航空戦艦「伊勢」「日向」、重雷装艦「大井」「北上」、そして、史実では未完成だった空母「笠置」「伊吹」、さらには、“戦艦”「信濃」が登場する。

kn_gm14f_07.jpg 名作の復刻版が多い太平洋戦争ウォーゲームにあって、新しくデザインした戦略級として注目されていた「太平洋戦史」は、前評判だけでなく、分かりやすいルールとプレイ可能なスケール、それでいて、取り得る戦略の幅広さやゲームとしての絶妙な勝敗バランスがベテランウォーゲーマーからも高く評価されている

 「激突南太平洋」は、空母戦を扱ったウォーゲームなのだ。オリジナルは、エポックが入門者向けに「現代空戦」「太平洋戦争夜戦」「空母戦」をセットにして出版したものだが、空母戦ウォーゲーム「日本機動部隊」の“予想外の完売”をうけて、急きょ“拡張”リニューアルして出荷した。オリジナルは、史実の「南太平洋海戦」だけを再現するものだった。

 しかし、拡張リニューアル版では、珊瑚海海戦や第2次ソロモン海戦、そして、ソロモン諸島攻略戦を舞台にしたキャンペーンといったシナリオを追加した。さらに、「赤城」や「加賀」「飛龍」「蒼龍」といったガダルカナル作戦には縁のなかったユニットも追加している。この追加ユニットと「日本機動部隊」公式Webページからダウンロードできるマップとルールブックを使えば、ミッドウェー海戦も再現できる。要は“「日本機動部隊」を「決戦南太平洋」として再販したのとぼぼ同じ”といえる。それでいて、日本機動部隊にはなかった「パイロットの練度」的なルールも取り入れている。

kn_gm14f_10.jpg 日本機動部隊が予定より早期に完売してしまったため、急きょ、空母戦ウォーゲームとして登板することになった「激突南太平洋」もリメイク版だ。ただし、ユニットとシナリオを大幅に拡張し、ゲームスケールとユニットレーティングを日本機動部隊に合わせて修正するなど、実質的には日本機動部隊の重版に近い形になった

 そのほかにも、日本語版としては久々に登場した太平洋戦争戦略級ビッグゲームの「アクロス・ザ・パシフィック」や、ガールズ・パンツアーの公式“戦車道”ボードウォーゲーム「ぱんつぁー・ふぉー」の貴重な在庫放出、そして、名作のリメイク版で初回予約分が短時間で完売したというエポックの名作「バルジ大作戦」などのウォーゲームタイトルをイベント価格で販売していた。

 いずれも販売は好調で、太平洋戦史デラックス版やぱんつぁー・ふぉー、バルジ大作戦など多くのタイトルが昼過ぎには完売となっていた。特に、イベント価格でも1万円を超えるアクロス・ザ・パシフィックを「売れないだろうけど、宣伝代わりに」と2パッケージほど“展示”していたら、開場10分で売れてしまい、その後も購入希望者がやってくるという状況だったという。

 ゲームマーケット以降も、a-gameのWebページやゲーム専門店で購入可能だ。税別の価格は、太平洋戦史デラックス版とバルジ大作戦が4600円、零戦:海軍航空隊の戦いと激突南太平洋は2200円、ぱんつぁー・ふぉーが2800円、そして、アクロス・ザ・パシフィックが1万6000円になる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー