新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年12月05日 14時25分 UPDATE

妖怪ブロマイドもついてくる! 日本文化を紹介する雑誌「和樂(わらく)」が「妖怪ウォッチ」と衝撃のコラボ

妖怪ブームは900年前からあるんだそうです。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 最近、大ブームの「妖怪ウォッチ」。グッズがもらえるサービスなどもよく見かけますが、まさかのコラボで読者に衝撃を与える雑誌が登場しました。伝統芸能や日本美術などの日本文化を紹介する、小学館の月刊女性誌「和樂(わらく)」です。


画像 な、なぜ「妖怪ウォッチ」とコラボしたんだあああ!!

 12月1日に発売した「和樂」1・2月号には平安絵巻から「妖怪ウォッチ」まで日本人と妖怪の関係を紹介する“日本美術「妖怪」ウォッチング”という別冊付録、歌川国芳が描いた九尾の狐と「妖怪ウォッチ」のキャラクター・キュウビのスペシャルブロマイドがついてきます。

 表紙にはジバニャンの姿も。このコラボ、本気のヤツや……!


画像 ウォッチじゃなくて、ウォッチングですよ!

 キワモノにも思える企画ですが、「和樂」の編集長、アンドリュー橋本さんによると「妖怪ブームは今に始まったものではなく、平安時代から、つまり900年も前から日本の歴史にたびたび登場してきた」とのこと。

 「妖怪ウォッチ」のキャラクターと歌川芳員の「百種怪談妖物双六」(1858年/安政5年)を比較するなど、妖怪の歴史と一緒に紹介することで、知らなかった人でも楽しめる内容になっているようです……もちろん、戸惑いの反応も現れていますが。

 また、「和樂」1・2月号は、ネット上でためし読みすることもできます。葛飾北斎、歌川広重などの妖怪画も見られるので、浮世絵好きも楽しめそうですよ!

マッハ・キショ松

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事