新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年12月12日 09時26分 UPDATE

今夜から 西日本の太平洋側にも雪雲

ご注意ください。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 日本付近は冬型の気圧配置に。今夜には、強い寒気がドッと流れ込み、日本海側の地域は平地も含めて広く雪。さらに、四国山地など、西日本の太平洋側でも山沿いを中心に所々で雪が降り、週末にかけて大雪となる恐れ。

天気 今日の各地の天気

天気

 今朝8時現在、北海道と東北の日本海側は雪で、風が強く吹いています。北陸から山陰は所々で雨。そのほかは晴れている所がほとんどです。

 今日このあとは、北海道と東北は日本海側を中心に雪が降ったりやんだり。特に昼ごろまでは風が強く、ふぶく所も。最高気温は昨日より低く、札幌で「-1度」など、真冬日の所も。

 北陸から山陰は、日中は雨の所が多いですが(気温は昨日より低く、かなり冷たい雨)、夜になると平地も次第に雪になる見込み。

 そのほか、関東から西の太平洋側や九州は、日中は大体晴れ。最高気温は昨日とほぼ同じで、12度くらいの所が多い見込み。北よりの風が吹いて、実際の気温よりも寒く感じられそう。夜になると、グッと気温が下がって、関東甲信や東海の山沿いは雪に、さらに、近畿の太平洋側や山陽、四国、九州(北部中心)も、冷たい雨や雪の降る所がある見込みです。

週末 西日本の太平洋側も大雪に注意

天気

 土曜日から日曜日、北海道と東北の日本海側、北陸は雪が続きます。北陸を中心に雪の量が増えて、平地も含めて大雪になる恐れがあります。関東甲信や、東海の山沿いも断続的に雪が降る見込みです。

 近畿北部や山陰も雪で、山沿いは大雪に、平地も雪の積もる所がある見込み。先週末と同じように、近畿の太平洋側や山陽、四国、九州北部にも、雪雲がかかります。特に四国では、平地も雪の積もる所がありそうです。

 積雪やふぶき、凍結などの影響で、交通機関が大きく乱れることが考えられます。気象情報はもちろん、交通情報も十分に確認して、時間に余裕を持った行動を心掛けてください。また、電線や樹木への着雪の影響で、停電が発生する可能性もありますので、備えをしておいてください。

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー