ニュース
» 2014年12月12日 15時06分 UPDATE

触れる仮想現実くるのか!? Oculusがハンドトラッキング技術のNimble VRを買収

仮想世界の物体を手で操作する──そんなことが可能になります。

[ねとらぼ]

 VRヘッドセット「Oculus Rift」を開発するOculus VRが、ハンドトラッキング技術のスタートアップ企業Nimble VR(旧3gear systems)を買収しました。

photo Nimble VRのWebサイトには「Nimble VR is joining Oculus」とお知らせが掲載されています

 Nimble VRは、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」でOculus Rift向けハンドトラッキングカメラの生産に向けた資金調達を行っていました。しかし、Oculus本家による買収でプロジェクトがキャンセルされるという異例の事態に。Oculusが公式に彼らの技術を製品に取り入れれば、Oculus Riftのバーチャル体験はさらに充実したものになりそうです。

photo このようなOculus Rift装着型のデバイスを開発中でした

 ヘッドセット型のVRは大画面で仮想世界への没入感を高める一方で、“自分の体が見えない”という問題があります。特に、自分の手が見えないのは没入感を下げる要因になりがちでした。しかし、Nimble VRのハンドトラッキングカメラをOculus Riftに装着すると、ユーザーの手をカメラが捉え、それをCGで画面上に再現してくれます。これにより、仮想世界上の物体を手で操作するといったことも可能になります。

photo 手の動きをトラッキングして、仮想世界に重ね合わせます
photo フォースの使い手になりきったりもできる……!!

 Oculus Riftが公式にハンドトラッキングに対応すれば、これを前提としたゲームやコンテンツも充実するはず。アダルトコンテンツへの応用なども需要がありそうですが……今後の展開に注目です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー