新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年12月16日 14時02分 UPDATE

気象庁、不要不急な外出は控えてと警戒呼びかける 北海道で猛吹雪

急速に発達する低気圧。

[ねとらぼ]

 気象庁は12月16日、これから明日17日にかけて低気圧が急速に発達し、明後日18日にかけて強い冬型の気圧配置となる見込みで、特に北海道地方では雪を伴った猛烈な風が吹き、見通しがまったくきかない猛吹雪となるおそれがあると発表しました。

気象庁

 16日も全国的に雨や湿った雪が降るため、積雪の多い地方では雪崩や急な雪解けに注意が必要となります。明後日までは北日本から西日本の広い範囲で、沿岸部を中心に非常に強い風が吹き、大荒れの天気が予想され、北日本と北陸地方の海上は猛烈なしけとなる見込み。北海道では高潮にも注意・警戒が必要です。

 暴風、猛吹雪や吹きだまり、大雪による交通障害(道路、鉄道、飛行機、船舶)、車両の立ち往生、農業施設の被害などに警戒するとともに、不要不急な外出は控えるよう呼びかけています。

 17日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道地方で35メートル(50メートル)、東北地方・北陸地方で28メートル(40メートル)、関東甲信地方・東海地方で25メートル(35メートル)、四国地方で23メートル(35メートル)、山陰で22メートル(35メートル)、近畿地方、九州北部地方、九州南部・奄美地方が20メートル(30メートル)となっています。

 17日正午までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで、北海道地方、北陸地方で80センチ、東北地方、東海地方で50センチ、関東甲信地方で40センチ、西日本日本海側で30から40センチ、西日本太平洋側で10から30センチ。大雪は18日も日本海側を中心に続く見込み。

気象庁






Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事