新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年12月16日 09時00分 UPDATE

旅行は楽しいけど……こわ〜いエコノミー症候群を防ぐ機内ストレッチ

年末年始に旅行に出かける人、エコノミー症候群には気をつけて。

[取材・撮影・文 / 姫野ケイ 編集協力 / 岡徳之,ねとらぼ]

 今年も残りわずか。年末年始の休暇を使って少し遠い場所や海外旅行の計画を立てている人もいるかもしれませんね。ヨガインストラクターのなつみ先生に手軽にできるストレッチを教えてもらう本連載、今回のテーマは「移動中に手軽にできるエコノミー症候群予防ストレッチ」です。

 エコノミー症候群とは、飛行機や車の中など、狭いスペースで長時間同じ体勢をとっていると、血液の塊ができる疾患です。最悪の場合、死亡してしまうこともあります。先日海外旅行から帰国したばかりというなつみ先生も移動中に実践したエコノミー症候群予防ストレッチ、さっそく教えてもらいましょう。

足のストレッチ

 1. 椅子の上に座り、足を胸の前で抱えます。

ah_yoga1.JPG

 2. 隣に人が座っていない場合は、太ももの上に足を乗せ、あぐらをかくポーズで股関節を動かします。

ah_yoga2.JPG

ふくらはぎのマッサージ

 1.ふくらはぎをマッサージします。

ah_yoga3.JPG

つま先立ちのストレッチ

 1. 足を床につけてつま先立ちを10回します。

ah_yoga4.JPG

ダウンドッグ(下向きの犬のポーズ)

 1. トイレなどのスペースで、壁から1歩分離れて、壁に両手をつき、90度くらいまで上半身を倒します。手とお尻で、肩、背中、腰を引っ張るようなイメージで5回呼吸をしましょう。

ah_yoga5.JPG

 このようなストレッチの他、服はデニムではなく腰回りがゆったりしたものを着用する、適度に水分を取る、少し遠くのトイレに行くなど、機内で体を動かす工夫をしましょう。座席に座ったら動きたくないという気持ちも分かりますが、最初から最後まで楽しい旅行にするために、上記のようなストレッチを心がけてくださいね。

取材協力/ヨガインストラクター なつみ

取材・撮影・文/姫野ケイ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事