ニュース
» 2014年12月18日 17時27分 UPDATE

「SWITCH」が次号でゲーム大特集 表紙イラストは浅野いにおが描くポケモン 押切蓮介描き下ろしも

さまざまな姿に細分化・進化した「ゲーム」を、100個のキーワードで見つめる。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 インタビュー・カルチャー誌「SWITCH」が12月20日発売のVol.33で、ゲームをテーマにした特集「No.1ネ申ゲー1oo ゲームが未来を変える」を組んでいる。表紙はマンガ家・浅野いにおさんが描いた「ポケットモンスター」のコラボレーションイラストだ。


画像 浅野いにおさんが描いたポケモンイラストが表紙

 特集は、さまざまなプラットフォーム・ジャンルに細分化して独自の進化を遂げているゲームを、「テクノロジー」「マーケティング」「コミュニケーション」「身体」など100のキーワードでとらえ直してみるというもの。

 キーワードは「妖怪ウォッチ2 真打」「Ingress」「FINAL FANTASY XV」など話題のゲームタイトルのみならず、「清 竜人25」「ドグマ風見」「M.S.S Project」「マックスむらい」といった人物、「Oculus Rift」「ハコスコ」などの機器、「闘会議2015」「バーニングマン」とイベント系など、多岐にわたってピックアップされている。


画像 「SWITCH」公式サイトのトップバナーにもOculus Riftのモデルが

 また特集扉ページでは、「ハイスコアガール」で知られるマンガ家・押切蓮介さんが本特集のためにイラストを描き下ろしている。さらに公式サイトから本誌を購入すると、Web限定特典として表紙イラストを使ったA5クリアファイルかA2ポスターがもらえる(なくなり次第終了)。価格は972円(税込)。


黒木貴啓


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう