新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年12月19日 17時13分 UPDATE

昔作ったゲームを外国人が知らぬ間に「パワーアップ移植」していた → オリジナル開発者がぶち切れて本気のゲームを出す

どちらが面白いか。ゲーム開発者のプライドを賭けた戦いが始まる……。

[ゲームキャスト,ねとらぼ]

 12月19日本日、「ドランシア」(iOS / Android)というスマートフォン用アプリがリリースされました。無料アプリなのに全8ステージ、ハイクオリティなドット絵のアクションとなっており、Twitterでもさっそく話題にのぼっているようです。

 こんなゲームがなぜ無料なのか? その背景には開発者の意地をかけた壮絶な背景がありました。


画像 このゲームの裏に、壮絶な秘話が……

 2013年4月6日、ドランシア開発者のSKIPMOREさんは恐ろしいことに気づきます。自分が昔作ったゲーム「ドランシア」(もともとはPC・ガラケー用アプリだった)にそっくりな「Slayin」というゲームが発売され、世界中でヒットしていたのです。

 しかも、Slayinスタッフロールには、「Very Special Thanks」として勝手にSKIPMOREさんの名前が記載されていました。


画像 これが「Slayin」。そっくりでしょ?

画像 参加した覚えのないゲームに名前が載る恐怖

 不審に思って問い合わせてみたところ、「コントロールはそのままでショップとボスとキャラのバリエーションを追加したら成功しました!」的な返事が! こういった作品は違法ではありませんが、ヘビーオマージュとも呼ばれ物議を醸すことがあります(SKIPMOREさん曰く「パワーアップ移植」)。



 これにキレたSKIPMOREさんは、「もっと面白いゲームをリリースしてやる!」とオリジナルのドランシアをアップグレードし、スマホに移植することを決意します。使用可能キャラクターを合計60体に増やし(ゲーム中に出てくる雑魚モンスターは全部使用できます!)、各面とシーンに専用のBGM全23曲を用意。操作性を練り直して新アクションを追加し、スマホ向けの新しいゲームとしてドランシアを新生させました。

 もはや完全に無料ゲームの枠組みを超える物量。生活を支えるための開発をしつつも、実に1年半以上を経てリリースにこぎ着けました。

 果たして、ユーザーはどちらのゲームをとるのか!? 本物vsヘビーオマージュ作品の勝負の行方が気になります。ドランシアは、App StoreとGoogle Playから無料でダウンロードできます。


画像 なお、筆者はSlayinにハマって、世界1位になるほどやって宣伝しまくっていました。その責任を感じてこの記事を書いている次第です

ゲームキャスト


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー