新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年12月20日 10時00分 UPDATE

ジュラ紀から現代までの「ニセモノ」を並べる「大ニセモノ博覧会」 国立歴史民俗博物館が開催

贋作や複製物など「ニセモノ」が人々の暮らしでどのような役割を果たしてきたのかに迫る。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 ジュラ紀から現代までの「ニセモノ」「ホンモノ」を約300点展示する企画「大ニセモノ博覧会 −贋造と模倣の文化史−」を、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)が2015年3月10日から5月6日まで開催します。

画像 雪舟の書画に人魚のミイラなど、いろんなニセモノがずらり

 本展は展示物を通して、「ニセモノ」「ホンモノ」が人々の暮らしの中でどのような役割をしてきたのか紹介するもの。「ニセモノ」に焦点を当て、民俗学、考古学、人類学などの分野を飛び越えて解説した特別展はあまり類をみないそうです。

 展示は、山口県・兵庫県播州・千葉県3家から雪舟、吉田松陰などの収蔵品を取り上げて「ニセモノ」の地域性に迫ったり、幕末から明治時代にかけて日本から欧米へ輸出されていた「人魚のミイラ」の謎を解き明かしたりとさまざま。また始祖鳥の複製などジュラ紀から現代までに渡って「ニセモノ」の数々を一挙公開する一方で、織田信長が東大寺へ宛てた「ホンモノ」の文書も披露します。

 開館時間は午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)、休館日は月曜日(休日の場合は翌日が休館日)。入場料は一般が830円。展示物の一覧は公式サイトで公開中です。


黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事