新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年12月20日 13時32分 UPDATE

愛らしい! たばこ店のガラス戸を開けてくれる柴犬に会ってきた

たばこ店の店番をしているとTwitterなどで話題になっていたシバ君に会って来ました。

[朝井麻由美,ねとらぼ]

※取材は夏に行ったものです

 その愛らしい仕草で、人間たちのハートをわしづかみにする動物はいつの時代も一定数いるもの。東京・小金井市の「鈴木たばこ店」で店番をするシバ君も、その座を欲しいままにしている存在だ。たばこ店で飼われている柴犬のシバ君は、店の呼び鈴が鳴ると、白と茶色の毛でおおわれたその小さな手で、ガラッとガラス戸を開けてくれるの。

ah_shiba1.JPG 「鈴木たばこ店」(小金井市貫井北町3-5)
ah_shiba2.JPG こんにちは
ah_shiba3.JPG こんにちワン!

 このたばこ店、犬が店番をしていると以前からTwitterなどで拡散され、話題になっていたのだが、今年の夏、ちょうど筆者が会いに行った直後くらいから、シバ君目当てのお客さんが殺到しすぎた結果、過労で休養期間に入ってしまっていた。

ah_shiba4.JPG 暑さも手伝ってお疲れ気味だった

 とはいえ、シバ君は無理に接客をさせられているわけではない。人懐っこく、人間が大好きなシバ君が、自主的に飼い主の真似をして、ガラス戸を開けるようになったのだという。

ah_shiba5.JPG 特別に、えさを与えさせてくれた
ah_shiba6.JPG ぺろり
ah_shiba7.JPG 普段はお店のガラス戸の下のところで寝ていることが多い
ah_shiba8.JPG ぼんやり

 どうか末永く、シバ君がガラス戸を開け続けられますように。ああ、愛くるしい。犬は、世界を平和にする(確信)。

朝井麻由美(@moyomoyomoyo):フリーライター・編集者・コラムニスト。ジャンルは、女子カルチャー/サブカルチャーなど。ROLa、日刊サイゾー、マイナビ、COLOR、ぐるなび、等コラム連載多数。一風変わったスポットに潜入&体験する体当たり取材が得意。近著に「ひとりっ子の頭ん中」(KADOKAWA中経出版)。構成書籍に「女子校ルール」(中経出版)。ゲーム音楽と人狼とコスプレが好き。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事