新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年01月07日 12時20分 UPDATE

「漫画家目指してなくて全然OK」──漫画家・太田垣康男さんがアシさんでなく「社員」を募集 月給16万円から

「長く安定して勤めたいと思っている方大歓迎」とのこと。

[ねとらぼ]

 小学館のビックコミックスペリオールで「機動戦士ガンダム サンダーボルト」を連載中の漫画家・太田垣康男さんが代表を務めるスタジオ・トアが、作画作業を行う「社員」を募集しています。募集にあたり太田垣さんは、「漫画もアニメの制作会社のようなシステム化を図るべき」と持論を語り、ネットで注目を集めています。

photo 太田垣さんのTwitterでの発言がTogetterにまとめられています

 “漫画家志望者の修行の場”といったイメージが強いアシスタント。今回スタッフを募集している太田垣さん自身も、アシスタントを経て漫画家になったそうですが、「私が弟子入りしたのはもう28年も前。その時代と今では漫画界の状況が違います」と語ります。

photo 小学館が運営するサイト「コミスン」には、太田垣さんの制作現場の取材記事が掲載されています

 太田垣さんによれば、作画の技術レベルが高まった昨今の漫画業界では「クオリティの高い作品を安定供給するにはスタジオ機能の充実が不可欠」。しかし、漫画家志望者は「自分の成長が第一で会社の方針より自身の夢(身勝手)を優先する人が圧倒的に多い」ため、スタッフが定着しません。その結果、「練度の低いアシスタントを活用する事に漫画家は苦慮し、結果、エッセイ漫画や身近な街景トレスの現代劇ばかりの作品が増え、漫画本来の自由さが失われがち」だと言います。

 そこで太田垣さんは今回、スタッフを法人化したスタジオの社員として迎え入れることにしました。募集では「絵を描いて生活していきたいがフリーランスは怖い、長く安定して勤めたいと思っている方大歓迎」で、漫画家志望者は不問としています。

 太田垣さんの考えにネットでは「これも1つの手」「『漫画に関係して食べていく』っていう選択肢を広げるという意味では全然アリ」といった反響が。日本の漫画界でもアシスタントを専門の仕事とするプロアシスタントの存在は知られていますし、漫画の作画補佐をプロフェッショナルな職業として選ぶのも、絵に関わりながら生きていく1つの方法かもしれません。

 一方で、給料面や安定性を気にする声も挙がっていました。募集要項には「基本給:月16万円〜」と案内がありますが、プロフェッショナルな技能を習得したとしてどの程度の昇給が見込めるのか、仕事の将来性はあるのかといった点は、「入社」感覚で仕事を選ぶ人には気になるところでしょう。

Twitterユーザーの反応

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー