新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年01月09日 20時52分 UPDATE

これガチなやつじゃないですか! 作者の強迫性障害&鬱病体験から生まれたガチ病みゲー「Neverending Nightmares」が日本語対応だと……

遊ぶなよ! 絶対遊ぶなよ!

[ねとらぼ]

 インディーゲーム配信サイト「PLAYISM」で、PC用ホラーゲーム「Neverending Nightmares」の日本語版配信がスタートしました。


画像

 作者のMatt Gilgenbach氏は、前作「Retro/Grade」で数々の賞を受賞したインディーゲーム開発者。しかし評価とは裏腹に「Retro/Grade」はセールスとしては振るわず、Matt氏は精神を病んでしまいます。

 その時に味わったという、強迫性障害と鬱病の苦しみをもとに開発されたのが本作「Neverending Nightmares」。主人公のトーマスは、どこまでも続く悪夢の中を、得体の知れない化物たちから逃げ回りながら、より深い夢の奥へ、より深い精神の奥へと進んでいきます。ようやく目覚めたと思っても、そこは現実ではなく、また新しい悪夢の中……「鬱の人間にとって、人生は悪夢です。ですから、このゲームはすべて悪夢の中で完結しています」(Matt氏のコメントより)。


画像

画像

 いろんな意味で、凡百のホラーゲームとは一線を画している本作。Windows・Macどちらも対応しており、価格は1480円(税込)。日本版発売に合わせて公開されたトレーラー映像では、その恐怖の一端を少しだけのぞき見ることができます。




ゲーム画面(一部グロ注意!)


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

(C)Infinitap Games


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事