ニュース
» 2015年01月10日 11時00分 UPDATE

森の中に400体のはにわがニョキニョキ! 宮崎県の珍スポット「はにわ園」に行ってきた

└|∵|┐

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 誰もが歴史の教科書で見たことのある「はにわ」。素朴で味わいがあり、なんだかほっこりするものも多い。そんなはにわのレプリカが森の中に展示されている「はにわ園」が宮崎県にある。その数なんと約400体!

 はにわ園があるのは宮崎県宮崎市の平和台公園。宮崎駅から車で約20分の場所だ(宮崎県宮崎市下北方町越ヶ迫6146)。園内は自然豊かで、はにわ園をはじめ、運動広場やレストハウス、せせらぎ水路や自然散策路などが併設されている。

 訪れた日は、園内を散歩するにはちょうどよく、気持ち良く晴れていた。入り口には、はにわモチーフのレンガでぐるりと囲まれた案内板が。

ah_haniwa1.JPG

 いざ、はにわ園へ! 順路の通りに進んで行くと、森の中に家の形をしたはにわや人の形をしたはにわたちが、まるで地面から生えているかのようにニョキニョキと点在している。これらは、はにわのオブジェや土産物を手掛ける「本部はにわ製作所」(宮崎市)の創業者・本部マサさんが制作したものだ。

ah_haniwa2.JPG 宮崎県は古墳が多い。古墳と言えばはにわ
ah_haniwa3.JPG はにわがいっぱい
ah_haniwa4.JPG

 園内にはところどころに、はにわのまめ知識が書かれた看板が。はにわは古墳を守ると同時に、装飾する役目を果たしていたとのこと。

ah_haniwa5.JPG はにわの知識も身につく
ah_haniwa6.JPG いろんなはにわがあるんです

 木漏れ日あふれる森の中を歩いていると、はにわにもいろんな表情やシチュエーション、そして職業があることに気付く。武人や女性、農夫、馬や犬や猿、家、船などさまざまで、楽器を弾いているものや、踊っているものもある。かわいらしいもの、ちょっとシュールなものなど、それぞれに味わいがあって見ていて飽きない。

ah_haniwa7.JPG こちらは「農夫」。みんなニコニコしていて楽しそう
ah_haniwa9.JPG 琴を弾く男
ah_haniwa11.JPG 水をくむ女
ah_haniwa12.JPG 盛装の男子
ah_haniwa13.JPG 盾を持つ男
ah_haniwa14.JPG 踊る男
ah_haniwa15.JPG 大勢で踊っている
ah_haniwa16.JPG 笑う男。ツタが絡み付いており、年季を感じる
ah_haniwa17.JPG 正面から見ると、わりと普通の顔だけれど……
ah_haniwa18.JPG 横から見ると、アイーン!
ah_haniwa19.JPG 「いらっしゃ〜い」と、桂三枝さん風のはにわ
ah_haniwa20.JPG 「おーい! はに丸」のひんべえっぽい
ah_haniwa21.JPG 目がつぶらなわんこ
ah_haniwa22.JPG イノシシ。鼻の特徴をよく捉えている
ah_haniwa23.JPG 鳥。どっしりして足がたくましい

 コケむしたはにわが森の中に展示されているのは、パワースポットのようなありがたみを感じられた。古代の世界に迷い込んだような気分にもなる。宮崎市を訪れた際は、神秘的で少しシュールなはにわたちを見に行ってみては?

ah_haniwa24.JPG 古代っぽい雰囲気
ah_haniwa25.JPG のどかなような、シュールなような
ah_haniwa26.JPG お散歩日和、木漏れ日の中での散策
ah_haniwa27.JPG じゃあね!

姫野ケイ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー