新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年01月13日 17時26分 UPDATE

富士通研究所、空中に文字を書いて操作する「指輪型ウェアラブルデバイス」を開発

デザインはゴツめ。

[太田智美,ねとらぼ]

 富士通研究所は1月13日、指輪型ウェアラブルデバイスを開発したことを発表した。


画像

 この指輪型デバイスは工場などでの使用を想定。指先の運動を検知し、空中に文字を書くことでメニューを選択したりメモを残したりすることができる。

 注目したいのが、今回開発された「空中の手書き文字入力技術」。一般に、一筆書きでは文字の各部位がつながるため認識率が低下し非常に読みにくい文字となるが、この技術により不要な連結部分を自動的に認識・補正し、視認性・認識率を上げることに成功した。なお、入力の開始の指示は「入力操作ボタン」によって行うため、作業中の体の動きなどのノイズに混乱させられることなく操作できる。


画像

 また、内蔵されたNFC(近距離無線通信技術)タグリーダーにより、作業対象物に付けられたタグにタッチすると、作業内容や指示書などを工場内にあるモニターや頭に装着したヘッドマウントディスプレイを通じて見ることが可能。手がふさがった状態でも最小限の動作で情報を操作できるとして、保守点検業務など作業の効率化への貢献が期待されている。今後は、実際の現場で操作性などの検証を行い2015年度中の実用化を目指す。

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー