新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年01月15日 21時05分 UPDATE

なにこれすごい:パーツを組み合わせて自分だけのスマホに Googleが開発中の新スマホ動画を公開

Googleの社内チーム・ATAPによる「Project Ara」がついに本格展開。

[ねとらぼ]

 Googleは1月15日(日本時間)、パーツを組み合わせて自分だけのスマートフォンを作れる「Project Ara」のコンセプト動画を公開しました。2015年中にテスト販売を開始するとしています。

 Project Araとは、「ディスプレイ」「カメラ」「メモリ」といったスマートフォンの各パーツを脱着可能な「モジュール」として、「エンドスケルトン(骨格)」と呼ばれるフレームに組み合わせることで、オリジナル端末を作れるようにするプロジェクト。

 もともとは米携帯電話大手のモトローラ・モビリティが進めていたものですが、2012年に同社をGoogleが買収。2014年にレノボに売却するも、先端技術開発部門(ATAP)については手放さず、米国防高等研究計画局(DARPA)で初の女性局長を務めた、レジーナ・デューガンさん(参考:TED講演)をリーダーに迎え入れるなど、組織を強化して引き継いでいました。

 ちなみに、昨春の時点ではエントリーモデルを2015年1月に発売するとしていたので、それよりはやや遅れています。


画像 高性能なカメラがいいなら

画像 組み替えよう

画像 赤外線カメラもあるぞ

画像 カシャ

画像 液晶が壊れたら

画像 即交換

画像 可能性は無限大

画像 2015年にいよいよ登場!?

 同プロジェクトにより、スマホ機能の“選択権”がユーザーに付与されると、これまでの市場構造が大きく変化する可能性があります。各自のタイミングで新機能を追加でき、それらモジュールは個人や小規模チームが提供するかもしれません。

 Googleは以前より、モジュールの開発者向けキット(MDK)を無料配布しており、販売用のプラットフォームについても準備を進めています。

 参入企業(個人)が増えれば、バリエーションの拡充はもちろん、競争原理により価格が下がり、これまで手が届かなかった人もスマホを購入できます。それは世界中でインターネットユーザー/利用エリアが拡大することを意味し、Googleの利益(広告収入)に繋がるからです。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー