速報
» 2015年01月20日 18時10分 UPDATE

大量死が続く葛西臨海水族園のクロマグロからウイルスを検出 死亡原因か?

病理検査を依頼していた研究機関から報告。

[ねとらぼ]

 東京都立葛西臨海水族園(江戸川区)の展示水槽「大洋の航海者:マグロ」で昨年12月から相次いでいるクロマグロ、スマ、ハガツオの大量死について1月20日、病理検査を依頼していた研究機関からウイルスの検出があったと報告している。

マグロ

 提出した3検体(クロマグロ:2検体、スマ:1検体)すべてからウイルスが検出されているとのこと。今後はほかの研究機関へ送った検体の検査結果を踏まえ、ウイルスの特定とともに死亡原因を検証するとしている。

 なお、1月20日午後3時現在、水槽のクロマグロは3、ハガツオは4にまで数を減らしている。スマについては1月19日の段階で最後の1個体が死亡している。

マグロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう