ニュース
» 2015年01月21日 13時20分 UPDATE

せんとくんに似てる……ユルくないユル対話ロボット「CommU」が怖カワイイ

ゆるそうでゆるくない。

[ねとらぼ]

 大阪大学の石黒浩教授などの研究チームが、対話ロボット「CommU(コミュー)」と「Sota(ソータ)」を開発しました。身振りや視線移動といった振る舞いにより、見ている人間に“対話感”を抱かせる工夫がされたロボットです。

photo 左が「CommU」、右が「Sota」です

 ロボットの基本的な機能は、ロボット同士が対話しているかのようなデモンストレーションの実行です。さらに、見ている人間にも質問をしたり目配せしたりすることで、参加者とロボットとの対話感も演出します。

 Sotaはロボットクリエイターの高橋智隆さんがデザインしたかわいらしいボディが特徴。一方のCommUは、眼球などが動く、より人間に近いデザインを取り入れているのですが……せんとくんを思わせる“ゆるくないゆるさ”が何とも言えません。ちょっと怖いけど、見慣れてくるとなんかカワイく見えてきたぞ……!

photo じぃ………
photo ちょっとコワい

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう