新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年01月23日 17時20分 UPDATE

人類滅亡まで残り3分 「終末時計」が31年ぶりの危険水準に

3年前より2分進んだ。

[ねとらぼ]

 世界の終わりまでの時間を象徴的に示す「終末時計」が2分進められ、残り3分になった。米科学誌「Bulletin of the Atomic Scientists」が1月22日に発表した


画像 公式サイト

 終末時計の針が動いたのは3年ぶり。残り3分になったのは、米ソの対立が目立った1984年以来。進んだ理由については「地球温暖化対策の遅れ」「核軍縮の停滞」を挙げている。

 終末時計は午前0時を人類滅亡と定めた概念時計。冷戦時代の1947年に同誌が創設し、以降、定期的に時刻を調整している。米ソが水爆実験に成功した1953年に残り2分に迫るも、冷戦が終結した1991年は残り17分まで後退。近年は地球温暖化問題や、イラン・北朝鮮の核開発、福島第一原発事故などの影響で残り5分となっていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事