新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年01月24日 14時27分 UPDATE

凜として時雨、「昨今の状況を鑑み」ミュージックステーションで歌詞変更

邦人人質事件の影響とみられる。

[ねとらぼ]

 1月23日放送のミュージックステーション(テレビ朝日)に出演したバンド「凜として時雨」が、歌詞を変更して演奏した。過激派組織・イスラム国による人質事件に配慮したとみられる。

ah_shigure1.jpg 凜として時雨

 演奏したのは「Who What Who What」。歌詞テロップが表示されず、「血だらけの自由」「諸刃のナイフ」が「幻の自由」「諸刃のフェイク」と変更されていた。

ah_shigure2.jpg Who What Who What(「劇場版PSYCHO-PASS サイコパス」主題歌)

 凜として時雨は公式Twitterで「昨今の状況を鑑み、メンバーと番組サイドで協議し、歌詞を一部変更して演奏致しました」と説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事