ニュース
» 2015年01月30日 09時30分 UPDATE

関東以西は雪や雨 土日は北で荒天に

足元に注意。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 今日は、九州から関東で冷たい雨や雪。特に関東甲信では平地も広く雪が積もる恐れ。足元には十分ご注意を。東北は昼頃から雪で、太平洋側は大雪に注意。北海道は土日に雪で、東部を中心に猛ふぶきに警戒。

ah_tenki1.jpg 30日午前6時の実況天気
ah_tenki2.jpg

 今朝は九州から関東の広い範囲に、低気圧に伴う雨雲や雪雲。九州から近畿は昼頃まで雨や雪で、内陸部では平地も雪の積もる所がある見込み。東海から関東は夕方にかけても雪や雨。特に関東甲信では、東京都心を含めて市街地でも雪が積もる恐れがあります。

 路面が滑りやすくなりますので、転倒によるケガには十分なご注意を。きょうのお出かけは、ヒールなどではなく、できるだけ底に凹凸のある滑りにくい靴で。電車やバスなどの交通機関に影響がでることも考えられますので、情報を十分に確認のうえ、時間に余裕をもった行動を。また、雪ではなく雨の所も、今夜から明日の朝にかけて、路面が凍結するおそれがあり、車の運転はスリップ事故に十分な注意が必要です。

週末は北海道で大荒れに

ah_tenki3.jpg

 今朝は、東北地方ではまだほとんど雪は降っていません。ただ、関東から西に雨や雪を降らせている低気圧が次第に近づいてきます。

 今日の夕方から明日の明け方にかけて、仙台など太平洋側を中心に広い範囲で湿った雪が降り、大雪となる所がある見込みです。明日の日中は、太平洋側の雪は止んできますが、日本海側は日曜日にかけて雪が続き、ふぶく所もあります。

 さらに、低気圧が急速に発達しながら北海道の東へと進むため、北海道は土曜日から日曜日にかけて雪。特に、道東では、非常に強い風が吹き荒れて、大荒れの天気となる見込みです。見通しのきかない猛ふぶきや、吹き溜まりの影響で、車の運転が困難になる所もありそうです。車が立ち往生する可能性もありますので、毛布など寒さをしのげるものや、スコップなどを携帯しておくと良さそうです。

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー