新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年01月30日 17時53分 UPDATE

慶應、人間と機械が融合した「超人スポーツ協会」設立

東京オリンピック・パラリンピックでスポーツ革命が起きそう!

[太田智美,ねとらぼ]

 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科は1月30日、研究活動の一環として「超人スポーツ協会」を設立すると発表した。


画像

 「超人スポーツ協会」は、人間と機械が融合した「人機一体」の新たなスポーツを創造するために発足。最先端技術を用いて怪力や空中飛行、瞬間移動、超動体視力といった超能力をスポーツに取り入れるという新しい切り口だ。


画像 「超人スポーツ協会」のロゴ

 具体的な活動としては、スクリューを装備した水中障害物競走やハリーポッターに出てくる架空の空中球技「クィディッチ」などの新スポーツの開発や大会運営などが想定されている。

 なお、第1回となる「超人スポーツ大会」は2015年10月に開催。毎年行い、2020年には東京オリンピック・パラリンピックのサブイベントとしての実施を目指している。

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事