ニュース
» 2015年02月01日 23時06分 UPDATE

冷たい北風と北の大荒れ続く

北海道東部など北日本は大荒れの天気に警戒を続けて下さい。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 2日(月)にかけて日本付近の気圧配置に大きな変化はありません。同じような所に雪雲がかかり、晴れる所も北よりの風が冷たいでしょう。北海道東部など北日本は大荒れの天気に警戒を続けて下さい。

ah_tenki1.jpg 2日(月)朝9時の予想天気図

北日本は大荒れの天気に警戒

【北海道】

 2日にかけても東部を中心に雪の量が多くなるでしょう。2日18時までの24時間降雪量は、いずれも多い所で太平洋側東部70センチ、オホーツク海側50センチ、日本海側40センチの予想です。暴風が吹き荒れる恐れもありますので、地吹雪や猛吹雪で見通しがきかなくなったり、雪が吹きだまる所や、一気に積雪が増える所がある見込みです。警報や注意報が発表されている間は、不要な外出を控えたり、時間に余裕をもって安全な交通手段を利用するなど冬の嵐に注意・警戒を続けて下さい。

 1日は低気圧の接近と満潮が重なって高潮が発生しましたが、低気圧の動きは遅く、2日も高潮が予想されます。(ピークは2日のお昼前後)。引き続き低地への浸水や道路の冠水に十分注意なさって下さい。

【東北】

 北部の山沿いを中心に雪の降りやすい天気が続き、昼頃までは吹雪く所があるでしょう。2日18時までの24時間降雪量は、いずれも多い所で山沿い40センチ、日本海側の平野部20センチ、太平洋側の平野部10センチの予想です。

 この週末にまとまった雪となった所で、さらに積雪の増える恐れがあります。雪を伴って非常に強い風が吹くこともあるでしょう。大雪による交通障害や、見通しの悪くなるような吹雪、風に向かって歩きにくくなるほどの強風に引き続きご注意ください。

【北陸】

 新潟県の津南では1日21時時点の積雪が310センチ(平年の約1.5倍)など、新潟県を中心に雪の量が多くなっています。2日18時までの24時間降雪量は多い所で40センチを予想していますので、さらに積雪の増える所があるでしょう。雪かきの作業はしっかりと安全を確保して、無理のないよう行ってください。

ah_tenki2.jpg
ah_tenki3.jpg

全国的に冷たい北風

 関東から西は太平洋側を中心に晴れる所が多いですが、北風が冷たいでしょう。日中は日差しがたっぷりでも、気温の上がり方は鈍い見込みです。お出かけの際は、風を通しにくい上着や手袋、マフラーなど万全の防寒対策をなさって下さい。

 また、空気が乾燥していますので火の取り扱いには注意が必要です。暖房器具の消し忘れなどがないよう、くれぐれもお気をつけ下さい。

ah_tenki4.jpg

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー