新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年02月02日 17時32分 UPDATE

闘会議2015:本当にピッチに立っているみたい 11人対11人で「FIFA 15」をプレイするリアルサッカーゲームを体験してきた

11人対11人の対戦ができる「FIFA 15」を、オンラインでなくリアルでプレイしてきました。

[あすらん,ねとらぼ]

この記事は「闘会議2015公式ユーザー記者あすらんさんに寄稿いただきました。


 2015年1月31日・2月1日に開催されたゲームの祭典「闘会議2015」。会場の千葉・幕張メッセでは、デジタルからアナログまで、さまざまな種類のゲームが楽しめるイベントでした。

 「公式ユーザー記者」として2日間参加した筆者が2日目に取材したのは、ゲームの世界をリアルに再現した「リアルゲームエリア」。

ah_fifa01.jpg 「FIFA 15」を11人対11人でプレイ

 特に気になったのが、EAスポーツが開発し、エレクトロニック・アーツが販売しているサッカーゲーム「FIFA 15」を体験できるブースです。オンラインで最大22人での対戦ができるこのゲームなのですが、会場にゴールやボールを用意してサッカー場を再現し、両チーム11人ずつのプレイヤーがMFやFW、GKなど、各自のポジションに座ってゲームをプレイします。まさに11人対11人のリアルサッカーゲーム……!

 筆者が訪れた時間帯は整理券がある人のほか、“観客”から数人プレイヤーを選ぶ「エキシビジョンマッチ」を開催していました。ここぞとばかりに手を挙げ参加したい意思を猛アピールしたところ、なんとプレイヤーに選ばれました! ポジションはFW。

ah_fifa02.jpg ゴールで盛り上がる

 サッカーゲームはプレイしたことがあるものの、誰かと一緒に遊んだことはなかったため、緊張はピークに。他のプレイヤーは普段から「FIFA」シリーズで遊んでいる人も多く、たびたびスーパープレイが飛び出しました。また、ゴールした際には、実際にプレイヤーが集まって盛り上がる場面もあり、会場は大盛り上がり。筆者がチームに貢献できたかどうかは疑問ですが、自分なりに頑張りました!

 ゲームのはずなのに本当にピッチに立っているような気分が味わえ、新しいゲームの遊び方だと感じました。また機会があればこうして遊んでみたい! もちろん「FIFA 15」も購入し、腕を磨きたいと思います。

闘会議 2015「公式ユーザー記者」あすらん

Twitter:@RedbyFullMetalJ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事