ニュース
» 2015年02月03日 15時23分 UPDATE

5日、関東で雪 都心も2週連続の雪か

明後日は南岸低気圧が進むため、都心でもまた雪の予想。今のところ5日木曜の夕方以降は関東の平野部でも雪の降る所が多く、木曜の夜や金曜の朝は交通機関が乱れる恐れも。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
天気

先週の雪と同じ「南岸低気圧」

 5日木曜は、関東の広い範囲で雪の予報となっています。東京でも雪マークです。

 東京の雪といえば……およそ1週間前、先週金曜日には、普段、雪の降らない関東の平野部でも雪が降りました。東京でも今シーズン初めて積雪を観測したのは、記憶に新しいはず。その時の天気図をみてみましょう。

天気

 30日15時の天気図では、本州の南に低気圧があり、この後、東へ進みました。これが「南岸低気圧」と呼ばれる低気圧です。

 寒気が南下している中を、「南岸低気圧」が進んだため、東京都心など関東の広い範囲で雪が降りました。東京では、3センチの雪が積もり、今シーズン初めて雪化粧しました。そして、あさって5日木曜日の予想天気図がこちら。

天気

 5日の天気図も、30日と似ています。同じような南岸低気圧が近づくので、5日も関東の平野部でも雪が降りそうです。

30日よりも寒気が強く、降る時間は夜

 ただ、今回、30日と違う点が2つ。寒気のレベルと、雪の降る時間です。

【寒気のレベル】

 今回は、30日よりも強い寒気が流れ込んでくる予想です。5日の夜は、島根県松江市あたりでも、上空およそ5000メートル付近では、「年に1度か2度あるかないかの寒気」が南下する見込みです。都心でも、5日は「平地でも雪を降らせるくらいの寒気」に包まれるでしょう。

【雪の降る時間】

 前回30日は、関東では雪や雨が降った時間は、明け方から夕方にかけての所が多くなりました。しかし、今回の降る時間は、気温の低い午後がメイン。6日金曜日に日付が替わる頃まで降る見込みです。そのため、関東の平野部でも、路地裏など、人通りの少ない所では、白く雪化粧するでしょう。真っ白にならない所でも、雪がシャーベット状になり、足元が一段と滑りやすくなりそうです。ただし、低気圧のコースや進むスピードによっては、降る量や降る時間が大きく変わる可能性があります。

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー