新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年02月04日 20時57分 UPDATE

スライムを触ると音が鳴る? ブルーライトに照らされた不思議な楽器、メディア芸術祭に展示

ゲームの世界を体験できるヘルメットやスタイリッシュな義手の展示も。

[太田智美,ねとらぼ]

 東京・六本木の国立新美術館を中心に開催されている「第18回文化庁メディア芸術祭」で、スライムを用いた不思議な楽器が展示されています。ブルーライトに照らされ、青白く光る流動体が上からとろ〜んと……どうなってるの?



 この楽器「Slime Synthesizer」は、片方の手に専用の装置をはめ、もう片方の手でスライムを触って演奏するというもの。スライムの上部を触ると低音が、下部を触ると高温が鳴るという仕組みです。

 自分を媒介して音が出るという、このなんとも不思議なシンセサイザー。やわらかく、変形し、触れるとヒンヤリ冷たく、まるで生き物に触れているような感覚になります。


画像 (C)2014 Slime Synthesizer

画像 (C)2014 Slime Synthesizer

画像 (C)2014 Slime Synthesizer

 ほかにも、ヘルメットの中で外部の映像が流れ自分がゲームの世界に入ってしまったかのような感覚を体験できる作品「3RD」や指先にICチップやマイクが搭載された3万円以下で作れるというデザイン性に優れた筋電義手「handiii」などが展示されています。


画像 ゲームの世界に入ってしまったかのような感覚を体験できる「3RD」
(C)Monobanda PLAY / DUS architects

画像 筋電義手「handiii」
(C)2014 exiii Inc.

画像 (C)2014 exiii Inc.

画像 (C)2014 exiii Inc.

 開催期間は2月4〜15日まで。無料で最先端の芸術に触れ合うことができます。

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー