ニュース
» 2015年02月05日 17時21分 UPDATE

メディア芸術祭に「Ingress」限定ポータル登場 暗号を解けばレアアイテムが

波乱の予感です。

[太田智美,ねとらぼ]

 2月4〜15日まで東京・六本木で開催されている「第18回文化庁メディア芸術祭」で、GPSと世界地図データベースを使ったゲーム「Ingress」が展示され、「Power Cube」(ゲーム内に登場するアイテム)のオブジェや限定ポータルが出現しています。


画像 リアル「Power Cube」オブジェ
(C)Google / Niantic Labs

 展示期間中は会場近辺の3つのポータルの状態によって、映し出される映像がリアルタイムに変化。全てのポータルが青のときはレジスタンスに向けたメッセージが、緑のときにはエンライテンドに向けたメッセージが展示されているパワーキューブに浮かび上がります。さらに、これらのポータルがある状態になると、特別な映像が流れるのだとか……! 詳細は謎に包まれています。

 また、展示会場の床には暗号が書かれており、解読するとレアアイテムを獲得するためのパスコードを取得できるとのこと。ちなみにそれが何かも公開されていません。


画像 暗号とみられる文字

画像 これは落書きか? それとも暗号?

 そのほか、会場には世界に2冊しかない手作りの「Ingress」コンセプトブックの展示も。限定ポータルはメディア芸術祭終了後(2月15日午後6時以降)いったん消滅しますが、今後どこかの会場でまたリアル「Power Cube」が設置された際にはポータルとして復活する可能性があるとのことです。


画像 世界に2冊しかない手作りの「Ingress」コンセプトブック

画像

 「Ingress」は今回のメディア芸術祭でエンターテインメント部門の大賞を受賞。「このゲームは、多くの人々が共有している動的な地図に『エキゾチック・マター』という虚構を付加したものだ。この大掛かりな仕組みとシンプルな仕掛けによって、私たちは世界中のプレイヤーたちとともに、再び現実の路上を歩き始めている」(エンターテイメント部門の審査員:ゲーム作家/デジタルハリウッド大学教授 飯田和敏氏)と評価されています。


画像 (C)Google / Niantic Labs

画像 (C)Google / Niantic Labs



太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  4. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  5. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  6. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  7. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる
  8. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  9. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる
  10. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー