新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年02月05日 20時14分 UPDATE

1カ月で10万人の来場者を記録 日本科学未来館の企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」会期延長

自分で描いた魚が水族館で泳ぎます。

[太田智美,ねとらぼ]

 日本科学未来館は2014年11月29日より開催している企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」について、当初は2015年3月1日までだった会期を5月10日まで延長することを発表した。


画像

 今回の会期延長は、企画展が好調だったことによるもの。「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」は、自分で紙に描いた魚を巨大なスクリーンの水族館で泳がせたり、叩くと色が変わったり音が鳴ったりする光のボールでオーケストラを作ったりできるテクノロジーを用いた体験型施設だ。


画像

 会期の延長に伴い、3月7日〜5月10日の後期日程には新規作品「Floating Flower Garden / 浮遊する庭園 (仮)」の展示も決定。この作品は、浮遊している草花の中に鑑賞者が近づくと、鑑賞者の周りに半球上のドーム空間が出現するというもの。複数の鑑賞者が互いに近づくとドーム空間がつながり、一つの空間になる。

 入場料は大人(19歳以上)1800円、中人(小学生〜18歳)1200円(土曜日は1100円)、小人(3歳〜小学生未満)900円。「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」は、開催わずか1カ月で10万人の来場者を記録している。

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事