新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年02月06日 14時08分 UPDATE

ゾンビが出る理由が「グローバル化だ」 インド初のゾンビコメディ映画「インド・オブ・ザ・デッド」が日本上陸

タイトルが直球すぎる。

[たろちん,ねとらぼ]

 映画大国のインドで初めて制作されたゾンビ映画が日本に上陸します。その名も「インド・オブ・ザ・デッド」です。なんてド直球な邦題!

画像 インド・オブ・ザ・デッド公式サイト

 「インド・オブ・ザ・デッド」は、コメディ要素満載の笑えるホラー映画。ビーチリゾート「ゴア」のロシア人マフィア主催のパーティでお披露目された「食べるとゾンビ化する新型ドラッグ」によってゾンビが誕生し、お金がなくてドラッグが買えなかった3人がホラー映画の知識とテレビゲームで鍛えた射撃能力でゾンビたちに立ち向かうという内容。もともと土葬文化がないインドでゾンビが出る理由を「グローバル化だ」と説明したり、「死人は殺す」と矛盾しまくった名言が飛び出すなど、予告編からゾンビ映画らしからぬ楽しそうな雰囲気になっています。

画像 インドでゾンビなんか出ないだろ?

画像 グローバル化だ(断言)

 ちなみに映画の公式Twitterによると、原題の「GO GOA GONE(ゴアに行ったら、逝っちゃった)」と違う邦題をつけたのは、「誰でも一発で内容が想像できる剛速球(暴投)」だからとのこと。中の人は洋モノAV「ハーミデーター」の名付け親でもあるそうで、「インド・オブ・ザ・デッド」はかなり頑張って考えたほうだそうです。映画も公式も癖ありすぎだろ!

 上映はヒューマントラストシネマ渋谷で3月21日から、シネ・リーブル梅田にて4月からの予定となっています。

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー