ニュース
» 2015年02月09日 10時12分 UPDATE

最強寒気 北陸は1日1メートルの雪か

9日から10日は、北日本を中心に今季最強クラスの寒気が流れ込む。日本海側は広く大雪。北陸では24時間で1メートルの雪が降る恐れ。風が強く、猛ふぶきにも警戒。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
天気 9日(月)夜9時の予想天気図

 9日(月)から10日(火)にかけて、北日本を中心に今季最強クラスの寒気が流れ込みます。上の画像は9日の夜9時の寒気の予想です。

 北陸には、大雪の目安となる、上空約5000メートルで氷点下36度以下の寒気が流れ込むでしょう。また、北海道や東北には氷点下42度以下の寒気が流れ込む見込みです。秋田の上空では氷点下45度くらいになる予想で、頻度としては数年に一度のレベル。今回の寒気が非常に強いことがわかりますね。

日本海側は広く大雪やふぶきに警戒

 このため、9日は北海道と本州の日本海側は雪の一日となります。10日にかけて断続的に雪が降るでしょう。特に、9日の夜から10日明け方にかけては北陸を中心に降り方が強まり、日本海側の広い範囲で大雪になるでしょう。

 10日の朝6時までの24時間に降る雪の量は以下の予想です。(いずれも多い所で)

  • 北陸 100センチ
  • 東北 70センチ
  • 近畿、東海(岐阜県) 50センチ
  • 北海道、関東甲信 40センチ
  • 中国 30センチ
※24時間で100センチの雪が降る予想は、年に何度もありません。

 また、沿岸部を中心に、風に向かって歩けないくらいの強い風が吹くでしょう。雪を伴って、猛ふぶきになる所もありそうです。海上はしけますので、高波にも警戒して下さい。

 すでに鉄道や道路など、交通機関に影響が出始めていますが、雪のピークはこれからやってきます。影響が長引くことが考えられますので、交通情報もこまめにチェックして下さい。

太平洋側にも雪雲が流れ込む

 太平洋側も東北は所々で雪が降るでしょう。関東から九州はおおむね晴れますが、山沿いを中心に雪の降る所がありそうです。特に東海では、10日にかけて、名古屋などの平地でもうっすらと雪の積もる可能性があります。

天気 9日(月)と10日(火)の全国の天気

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー