ニュース
» 2015年02月09日 12時02分 UPDATE

国内外の化石が集結 国立科学博物館で特別展「生命大躍進」

日本初公開の化石もやってくる!

[ねとらぼ]

 国立科学博物館(東京・上野)で7月7日〜10月4日、特別展「生命大躍進」が開催されることが決まった。同館とNHK、NHKプロモーションが主催。

 人類誕生に至る40億年の生命進化をテーマにした展覧会で、国内外から集めた化石標本、復元模型、4K映像などを活用して、生命誕生から人類に至る脊椎動物の進化の道のりをたどる。

 展示される化石には、カナダのロイヤル・オンタリオ博物館からやってくる5億4100万年前(カンブリア紀)の「バージェス頁岩(けつがん)動物群」の実物化石もある。現在化石として見ることのできる最も原始的な脊索(せきさく)動物「ピカイア」、カンブリア紀最大の動物「アノマロカリス」など、日本初公開となる化石も多数含まれる。

ah_seimei1.jpg ピカイア
ah_seimei3.jpg アノマロカリス

 またオスロ大学自然史博物館が所蔵する4700万年前(始新世)の霊長類化石「イーダ」の実物も日本で初公開となる。イーダは全身の95%の骨格が残り、胃の内容物までも見えるという。シルル紀最強の捕食者「ウミサソリ」の2メートルを超える実物化石なども展示される。

ah_seimei4.jpgah_seimei2.jpg 左:イーダ 右:ウミサソリ

 監修は国立科学博物館の動物・地学・人類各研究部の研究者のほか、国内外の研究者も参加する。同展に先駆け、NHKで5月からNHKスペシャル「生命大躍進」を3回シリーズで放送し、今春にはサイエンスアニメ「ピカイア!」(15分×13本)を放送する。

 展示は名古屋市科学館、愛媛県美術館、大阪市立自然史博物館、岡山シティミュージアムも巡回する予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー