新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年02月09日 17時36分 UPDATE

行動から組織の「ハピネス度」が分かる技術、日立が開発

センサーで人間の行動データを集め、幸福感を予測する技術を開発しました。

[ねとらぼ]

 日立ハイテクノロジーズは2月9日、人間の行動データを取得して解析し、組織生産性に強く相関する「組織活性度」を計測できるウェアラブルセンサーを開発したと発表しました。行動データから集団の幸福感を予想する日立の技術を活用しています。

ah_hitachi.jpg

 これまで幸福感を定量化するには、自己申告によるアンケートに頼ってきましたが、日立はウェアラブルセンサーで収集した人間行動データを利用し、身体運動の特徴パターンから、集団の幸福感を「ハピネス度」として定量的に求める予測モデルを考案。ハピネス度が組織の生産性と強い相関があることも突き止めたとしています。

 今回のウェアラブルセンサーはこの技術を活用し、行動データを収集して個人の活性度を演算した後、組織で集計・平均することで「組織活性度」を測定。これにより、企業の経営施策や職場環境の有効性を効率的・客観的に評価できるとしています。装着者は液晶画面で個人の活性度トレンドを見ることも可能。個人の活性度を集計した組織活性度の変動は、クラウドサービス上で提供され、Webブラウザで閲覧できるほか、ダウンロードすることもできます。

  日立はこの技術を活用して、幅広い事業分野で、顧客企業の業績向上や地域住民の幸福向上に向けた施策を支援していくとしています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事