新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年02月09日 20時10分 UPDATE

東京ヴェルディが「甘城ブリリアントパーク」とコラボ さびれた遊園地の再建を目指すストーリーに共感

水戸ホーリーホック(ガルパン)、FC岐阜(のうりん)と対戦時に特別イベントを開催。

[ねとらぼ]

 東京ヴェルディが、京都アニメーション制作のアニメ「甘城ブリリアントパーク」とコラボすることを発表しました。3月21日の水戸ホーリーホック戦、4月11日のFC岐阜戦で特別イベントを開催します。


画像 甘城ブリリアントパーク

 「甘城ブリリアントパーク」は、閉園の危機にあるさびれた遊園地の再建を目指す物語。原作は賀東招二さんのライトノベルで、2014年冬にアニメが放送されました。作中には、遊園地の来場者数を増やすため、敷地内のスタジアムにプロサッカーチームを呼びエキシビションマッチを行うエピソード(11話)もあります。

 東京ヴェルディによると、こうしたストーリーが「ホームゲームの来場者数を増やすため日々努力を重ねている」同チームと重なる部分があることから、コラボ企画が実現。郊外に立地する遊園地がテーマとあって、本拠地である稲城市の協力も得られたそうです。


画像 原作

 現在、「東京ヴェルディ×甘城ブリリアントパーク」オリジナルデザインチケット(MB自由席・税込3000円)とコラボタオルマフラーセット(税込5000円)を各試合100セット限定で販売中。デザインについては決定次第発表する予定です。

 なお、東京ヴェルディは過去に「とある科学の超電磁砲」と大規模コラボを実施したことがあり、対戦チームの水戸ホーリーホックは「ガールズ&パンツァー」、FC岐阜は「のうりん」とコラボしたことで知られています。

(C)賀東招二・なかじまゆか/甘ブリ再生委員会



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事