新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年02月10日 19時16分 UPDATE

ユキヒョウ脱走! その時、職員は―― 緊迫の「猛獣脱走訓練」に密着してきた

中の人は2年目の爽やかイケメンでした。

[林健太,ねとらぼ]

 2月10日、多摩動物公園で、災害などの緊急事態に備えた年に1度の「動物脱出対策訓練」が警察署や消防署の協力のもと行われました。注目は、動物の着ぐるみと100人超のスタッフによる本格的な捕獲劇。着ぐるみなのに、緊迫した訓練になるの? そんな疑問を持ちつつ、訓練の現場に行ってきました。

 今回は、ユキヒョウの脱出事故を想定した、来園者の避難誘導および捕獲訓練でした。訓練エリアは、営業中の園内の奥から正門までの長い距離を使っていました。正門での捕獲現場で待っている間も、スタッフの無線からは「スタッフが負傷。意識不明、心肺停止。AEDでの処置中」といった緊迫した内容が聞こえてきます。

 しばらく待っていると、いよいよユキヒョウが登場。

動物脱出対策訓練 ユキヒョウがゆっくりと登場
動物脱出対策訓練 あ、二足歩行……
動物脱出対策訓練 かわいい顔をしています

 見た目はかわいいのですが、園内スタッフの構えた網に向かった威嚇行動は迫真の演技です。また、園内スタッフも「わー!」「やー!」と大きな声を出し、網を支えた棒や靴で大きな音を出して威嚇します。直接触れることなく、威嚇することで脱出した動物の行動を制限していくようです。

動物脱出対策訓練動物脱出対策訓練 大きな声でビックリするユキヒョウ
動物脱出対策訓練動物脱出対策訓練 麻酔銃を用意した車が到着。追い詰められるユキヒョウ

 周囲を囲まれていくユキヒョウ。シマウマ柄の病院班の車が接近して、麻酔銃を構えます。万事休す。ゆっくりと距離を縮めて一撃。ユキヒョウはぐったりと倒れこみました。追い詰められるユキヒョウに対して、来園者の子どもからは「がんばれー」という声援や、「あのぬいぐるみみたいなのがユキヒョウ? 絶対ニセモノだよ。これ訓練なの?」といった声が。

動物脱出対策訓練動物脱出対策訓練 慌てて逃げるユキヒョウですが……
動物脱出対策訓練 ズドン
動物脱出対策訓練 麻酔弾が命中。ぐったり
動物脱出対策訓練動物脱出対策訓練 棒で麻酔の効き目を確認後、トラックで運び出されました

 訓練後、ユキヒョウの中の人は頭を取り、スタッフと共に集合。各関係機関からの総評を熱心に聞いていました。さらに、囲み取材では、園長以上にメディアに質問攻めにあう事態に。

動物脱出対策訓練動物脱出対策訓練 ユキヒョウの中の人。質問攻めにあう
動物脱出対策訓練 ユキヒョウ役を演じたのは多摩動物公園2年前の若手スタッフ
動物脱出対策訓練 子どもからは「全然こわくなかったよー」の声も

 主な質問内容は、着ぐるみの見た目がこわくない件について。これに対して、ユキヒョウ役を務めたスタッフは「大事なのはあくまで職員の動きです」と強調。各関係機関の担当者も、スタッフ間の連携を評価し、今回の訓練に手応えを感じているようでした。

動物脱出対策訓練 最後はイベントPRも

 ちなみに、多摩動物公園では2月5日から「ネコ展 TAMA ZOOのネコたち」を開催中。今回捕獲されたユキヒョウほか、ネコ科動物たちの魅力が詰まったイベントになっているそうです。

林健太

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー