新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年02月12日 14時06分 UPDATE

もしかしてこれって黒歴史? 太宰治の学生時代の落書きだらけノートがWebで全文公開

自画像やサインでいっぱいです。

[青柳美帆子,ITmedia]

 「人間失格」「走れメロス」などを書いた文豪・太宰治の学生時代のノートが弘前大学のWebサイトに全文公開されています。旧制弘前高校(※弘前大学の前身。「高校」という名前ですが今でいう大学に近い)に入学した太宰が、2年次の「修身」の授業で使用したノートです。授業の内容を書き取るあいまに、落書きやサインの練習などが繰り広げられています。あっ……(察し)。


画像 左にはお絵かき、右にはサイン

 ノートの後半には7ページにわたって自画像的なイラストが描かれています。「津島修治」という名前がいっぱいに書かれたページもありますが、これは太宰治の本名。


画像 表紙にもサインがいっぱい

 表紙、裏表紙にも書き込みがいっぱい。表紙にたくさん書かれている「辻島衆二」は、太宰治が高校時代に使っていたペンネームです。太宰治のノートだから貴重な資料になりますが、もし過去の自分のノートが公開されたらと考えてみると……つ、つらい……。

 ノートの文字は翻刻してあり、弘前大学学術情報リポジトリでWeb公開されています。また弘前大学は、以前にも太宰治が英語の授業で使っていたノートを公開しており、そちらもあわせて閲覧することが可能です。

青柳美帆子

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー