ニュース
» 2015年02月13日 19時21分 UPDATE

巨乳グラビアアイドルを数々輩出したイエローキャブ 自己破産申請の準備に 負債額は4億

所属していたタレントは、小池栄子さんや佐藤江梨子さん、MEGUMIさんなど。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 小池栄子さんや佐藤江梨子さんなど人気グラビアアイドルを数々と世に送り出した芸能プロダクション「イエローキャブ」が、1月末で事業を停止し、自己破産申請の準備に入っていたことを帝国データバンクが発表した。負債額は約4億円。

画像 帝国データバンク

 イエローキャブは1980年に野田義治さんと、映画監督の黒澤明さんの子息・黒澤久雄さんが共同で創業。過去の所属タレントは、堀江しのぶさん、かとうれいこさん、細川ふみえさん、雛形あきこさん、MEGUMIさん、根本はるみさんなど。バストが豊かな女性を雑誌のグラビアで売り出していく戦略で、2004年1月期は約6億2100万円を売り上げた。


画像 公式サイトはアクセス集中でつながりにくい状態に

 しかし同年11月に野田さんがサンズ(現・サンズエンタテインメント)へ移ったのに追随し、MEGUMIさんといった多数の所属タレントが移籍。以降タレント構成は女優業が中心だったが、番組・映像制作部門の不振などから厳しい運営を余儀なくされ、2014年1月期は約2億200万円の売上にとどまっていた。さらに2枚看板である小池栄子さんと佐藤江梨子さんとの契約が満了となり、今回の事態に至った。

 イエローキャブの公式サイトはアクセスが集中しつながりにくい状態となっている。なお、2013年にグループ会社として設立されたイエローキャブプラスは同社と資本関係はなく、これからもアーティスト・タレントの育成・輩出に努めていくという。


黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー